外出禁止…スーパー再現「青空市」で心の張り再び 久居の高齢者施設

2020年12月1日 05時00分 (12月1日 15時49分更新) 会員限定
「青空市」で買い物を楽しむ入居者ら=津市久居明神町の「ゴールドエイジ久居」で

「青空市」で買い物を楽しむ入居者ら=津市久居明神町の「ゴールドエイジ久居」で

  • 「青空市」で買い物を楽しむ入居者ら=津市久居明神町の「ゴールドエイジ久居」で
 津市久居明神町のサービス付き高齢者向け住宅「ゴールドエイジ久居」は、隣接するイオン久居店の協力で月に一度、買い物イベント「青空市」を開いている。新型コロナウイルス禍で施設利用者が気軽に外出できない中、スーパーを敷地内に丸ごと再現。部屋にこもりがちな入居者の認知機能の維持にもつながっている。(須江政仁)
 十一月中旬、生鮮食品や菓子、衣料品など計百種類の商品が並んだ施設の屋外スペースには、にぎやかな声が響いていた。「やっぱり旬のものがええわ」「かごの中がえらいこっちゃ。ようけ買うたわ」
 カートを押したり、車いすに座り膝に買い物かごを乗せたりした利用者たちは、施設職員のサポートを受けながら商品を見て回った。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報