塩尻駅ブドウのワイン、第2弾は“白” 塩尻市観光協会が販売

2020年12月1日 05時00分 (12月1日 11時14分更新) 会員限定
235本限定で販売が始まった白ワイン「塩尻駅ナイアガラ2020」=塩尻市で

235本限定で販売が始まった白ワイン「塩尻駅ナイアガラ2020」=塩尻市で

  • 235本限定で販売が始まった白ワイン「塩尻駅ナイアガラ2020」=塩尻市で
 塩尻市観光協会は、JR塩尻駅のホームにあるブドウ棚のナイヤガラで製造した白ワイン「塩尻駅ナイアガラ2020」の販売を、同駅東口の市観光センターで始めた。二百三十五本(一本七百二十ミリリットル入り)限定。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

長野の新着

記事一覧