本文へ移動

ヤマハの4番・前野「完全な力不足」一人気を吐く本塁打も…チームはコールド負け【都市対抗野球】

2020年12月1日 06時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
6回表ヤマハ1死、本塁打を放った前野は、ナインの出迎えを受ける

6回表ヤマハ1死、本塁打を放った前野は、ナインの出迎えを受ける

◇30日 第91回都市対抗野球大会 NTT東日本11-1ヤマハ(東京ドーム)
 第91回都市対抗野球大会は第9日の30日、東京ドームで2回戦1試合と準々決勝2試合があり、東海地区第3代表のヤマハ(浜松市)はNTT東日本(東京都)に1―11で7回コールド負け。8強入りを逃した。これで東海地区の6チームは全て敗退となった。
 ヤマハは15安打9得点で快勝した初戦・日立製作所(日立市)戦から一転し、打線が沈黙した。NTT東日本の左腕・沼田に6回まで5安打と振るわず、投手陣は2本塁打を浴びるなど11失点。今大会初のコールド試合で敗退となった。
 唯一の得点となるソロ本塁打を6回に放った4番・前野は「昨年も東京都のJR東日本に負けた。完全な力不足」と厳しい表情で話した。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ