【富山】黒部峡谷鉄道 乗客最少 コロナ禍 今年の営業終了

2020年12月1日 05時00分 (12月1日 10時01分更新)
最終旅客列車の乗客に手を振って乗客を見送るかたかご会メンバーら=30日、富山県黒部市の黒部峡谷鉄道宇奈月駅で

最終旅客列車の乗客に手を振って乗客を見送るかたかご会メンバーら=30日、富山県黒部市の黒部峡谷鉄道宇奈月駅で

  • 最終旅客列車の乗客に手を振って乗客を見送るかたかご会メンバーら=30日、富山県黒部市の黒部峡谷鉄道宇奈月駅で
 黒部峡谷鉄道(富山県黒部市)は三十日、今季の営業運転を終了した。新型コロナウイルスの影響で乗降客数は二十五万四千人余と、これまで最低だった開業年(一九七一年)の五十八万一千人を大きく下回った。
 同鉄道によると、乗降客数は九四年に百三十七万人のピークを迎えて以降は減少傾向が続き、二〇一九年は六十五万七千人まで落ち込んでいた。
 今季はコロナの影響で、例年より約四十日遅い六月一日に営業運転を開始。乗降客数は同月が前年同期比84%減、七月が同75%減、八月が同66%減、九月が同49%減だった。GoToトラベル事業が始まった十月は同28%減、十一月は同19%減と前年並みには届かないまでも、少しずつ盛り返しを見せていた。
 宇奈月駅であったセレモニーでは、最終旅客列車の午後二時五十六分発欅平行きの乗務員、木下涼介運転士、沓掛浩一車掌に宇奈月温泉女将(おかみ)の会「かたかご会」のメンバーが花束を贈った。最終列車の乗客を同会メンバーや同鉄道の公認キャラクター「くろべえ」「でんちゃー」が手を振って見送った。
 鈴木俊茂社長は「コロナ拡大の影響が続くこれまでにない大変な時代に、感染防止対策を取り、無事故運行を続けてくれた社員、協力会社、地域に感謝したい」と語った。 (松本芳孝)

関連キーワード

PR情報

北陸発の新着

記事一覧