甘味よし 三ケ日みかん「青島」収穫始まる

2020年12月1日 05時00分 (12月1日 16時57分更新)
たわわに実ったミカンを枝から切る河部好志さん=浜松市北区三ケ日町で

たわわに実ったミカンを枝から切る河部好志さん=浜松市北区三ケ日町で

  • たわわに実ったミカンを枝から切る河部好志さん=浜松市北区三ケ日町で
 浜松市北区三ケ日町で十一月下旬から、温州ミカンの主力品種「青島」の収穫が各農家で始まった。十〜十一月に出回った「早生(わせ)」より大玉で、甘味がより強いのが特長。十二月上旬に収穫のピークを迎え、中旬にJAみっかび柑橘(かんきつ)選果場(同町)で初集荷。十六日ごろから小売店に並ぶ見込み。
 収穫後の青島は農家の貯蔵庫で冷温保存され、来年三〜四月ごろまで市場に出回る。同町平山で青島を育てる河部好志さん(59)は「平年よりミカンの出来はいいと思う。お勧めは甘味たっぷりのL玉。三ケ日みかんとしては今年、GABA(γ−アミノ酪酸)の機能性表示が認められた。健康にも効くのでたくさん食べてほしい」とPRした。 (武藤康弘)

関連キーワード

PR情報