愛知で108人感染、名古屋は58人

2020年11月30日 22時10分 (11月30日 22時11分更新)
 愛知県は30日、新たに108人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。これまでに感染して入院中だった名古屋市の高齢男性と80代の女性、岡崎市の90代の男性の計3人が死亡し、県内の死者は119人となった。
 名古屋市の新規感染者は58人。クラスター(感染者集団)となっている市内の消防団関連では、団員の家族ら計3人が新たに感染した。この中に半田市の県知多福祉相談センターの職員が含まれるが、県民と接触する仕事には就いておらず、センターは業務を続ける。消防団関連の感染者は計27人となった。
 名古屋市ではほかに、クラスターとなっている高齢者施設で従業員1人の感染が判明。市内の三つの私立保育園では園児2人と職員2人の感染が確認された。豊田市では60代の男性市議1人が新たに感染し、市議の感染者は計13人となった。
 県全体で肺炎の症状がある中等症は8人、感染経路不明は43人だった。

関連キーワード

PR情報

新型コロナ(ニュース)の新着

記事一覧