本文へ移動

保護猫・犬と暮らす障害者施設 福井「おーるわん」1日開所

2020年12月1日 05時00分 (12月1日 05時00分更新)
共用スペースで猫を抱く石山社長(右)とスタッフ=福井市江端町のおーるわんで

共用スペースで猫を抱く石山社長(右)とスタッフ=福井市江端町のおーるわんで

  • 共用スペースで猫を抱く石山社長(右)とスタッフ=福井市江端町のおーるわんで
  • 姉妹の子猫ハク(左)とコク=福井市江端町のおーるわんで
 保護した猫や犬と生活する軽度障害者向けグループホーム「おーるわん」が一日、福井市江端町にオープンする。家庭のような居場所を提供するとともに、動物を殺処分から救う取り組み。動物との触れ合いを通して、入居者に癒やしの効果も期待される。経営する「オールワン」の石山大作社長(43)は「障害者も健常者も動物も、みんな一つ。みんな一緒に幸せになれるよう協力したい」と意気込む。 (成田真美)
 おーるわんは軽度の精神、知的、身体障害がある十八〜六十四歳の人を対象にしたグループホーム。個室とみんなで食事を取る共有スペースがあり、スタッフが二十四時間常駐する。朝夕の食事を提供し、就労支援もする。
 最大の特徴は、動物と暮らせることだ。入居者は共有スペースで保護猫・犬と触れ合うことができる。世話は基本的にスタッフが担う。
 十二月から一緒に暮らすのは、姉妹の子猫コクとハク。あわら市の田んぼにいたところを県動物愛護センターに保護され、おーるわんが引き取った。石山社長は「入居者は動物に癒やされ、大切に思うようになるはず。命の大切さについて考える場になれば」と話す。
 警備会社を経営する石山社長は昨年十二月、知人を通...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報