与田監督「3年目の来季『優勝を』という目で見られる覚悟できている」「より挑んでいく年にしたい」と球団納会で意気込み

2020年11月30日 20時37分

このエントリーをはてなブックマークに追加
球団納会であいさつする与田監督

球団納会であいさつする与田監督

  • 球団納会であいさつする与田監督
 中日の球団納会が30日、名古屋市内のホテルで開かれ、8年ぶりのAクラスとなる3位となった与田剛監督(54)が来季のリーグ優勝、さらには日本一に向けて強い決意を示した。
 「僕も(来季で)3年目。より厳しい目で見られる。ファンから『優勝を』という目で見られる覚悟はできている」ときっぱり。「より来年は挑んでいく年にしていきたい」と意気込みを口にした。
 今季は新型コロナウイルスの感染拡大で開幕が遅れ、全120試合に短縮される変則シーズンとなったが、後半に盛り返して3位の座を射止めた。来季も地道に前進を続け、名古屋の街を盛り上げる。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ