DeNA育成2位の加藤大が仮契約 最速151キロ「クローザーやってセーブ王取りたい」

2020年11月30日 20時15分

このエントリーをはてなブックマークに追加
仮契約を終え、笑顔で意気込む加藤

仮契約を終え、笑顔で意気込む加藤

  • 仮契約を終え、笑顔で意気込む加藤
 DeNAから育成ドラフト2位指名を受けた横浜隼人高の加藤大投手(18)が30日、横浜市内のホテルで入団交渉に臨み、支度金300万円、年俸340万円で仮契約した。背番号は102。
 日本最高峰の戦いに大いに刺激を受けた。加藤は「ソフトバンクは育成出身の選手も多く、育成でも日本シリーズで投げられると実感したので頑張りたい」と育成出身の千賀、石川、甲斐、周東らの活躍で日本シリーズを圧勝したソフトバンクを引き合いに活躍を誓った。
 最速151キロの直球が持ち味で「クローザーをやりたいので、セーブ王を取りたい」と夢を抱く。「育成からだが、支配下を目標に子供たちに夢と希望を与えられる選手になりたい」。今度は自身が育成の、ハマの星となりチームに勝利を、野球少年少女に夢をもたらす。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ