三遊亭円楽「4年前の嫌なことを思い出すだけど…」謎掛け披露の際に、不倫騒動ネタで“自虐”

2020年11月30日 19時04分

このエントリーをはてなブックマークに追加
がん検診のセミナーに出席した三遊亭円楽

がん検診のセミナーに出席した三遊亭円楽

  • がん検診のセミナーに出席した三遊亭円楽
 落語家三遊亭円楽(70)が30日、東京都内で開かれた、がん検診のセミナーにゲスト出演した。2018年に肺がんを公表しており、「芸人の前に病人ですから」と笑いを誘った。
 大喜利を披露する前には「テレビカメラがたくさんいて、謎掛けをするのは4年前の嫌なことを思い出すんだけど」と自身の不倫騒動ネタを持ち出して笑いに変えた。「がん検診」とかけて「拍手もない下手な芸」と説き、その心を「受けないと手遅れです」と発表すると拍手が起きた。
 2年前に肺がん、昨年は脳腫瘍で入院しており、「今年はコロナでしょ。この3年はろくなことがない。たぶんね、歌丸が呼びに来ているのね」とにやり。日本テレビ系の演芸番組「笑点」の前司会者、故桂歌丸さんを引き合いに出し、「まめにいろいろな検査をしていたから見つかった。まだまだ(歌丸師匠に)呼ばれない。恩返しをして、ゆっくりいこうと思う」と話した。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ