アフリカの太鼓楽しいリズム 豊田で自由にたたく催し

2020年11月30日 05時00分 (11月30日 15時02分更新) 会員限定
秋山代表(左から2人目)の合図に合わせて太鼓のアンサンブルを楽しむ参加者ら=豊田市駅東口広場とよしばで

秋山代表(左から2人目)の合図に合わせて太鼓のアンサンブルを楽しむ参加者ら=豊田市駅東口広場とよしばで

  • 秋山代表(左から2人目)の合図に合わせて太鼓のアンサンブルを楽しむ参加者ら=豊田市駅東口広場とよしばで
 西アフリカが起源の太鼓「ジャンベ」などをたたいてリズム音楽を楽しむ参加型の催し「わくわくドラムサークル@とよしば」が二十八、二十九両日、豊田市駅東口広場「とよしば」で開かれた。
 市内で開催されている体験プログラム「とよたつながる博」の事業の一つ。健康体操や歌声サロンを手掛ける市民団体「とよたミュージックケアの会」が、ストレス解消につなげてもらおうと初めて開いた。
 ジャンベは円筒状で高さ五十センチほど。中が空洞で、たたく場所によって音の高さや響きが変わる。本来は木製だが、軽くて扱いやすい樹脂製を使った。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

愛知の新着

記事一覧