町に元気を、東郷高吹奏楽部が演奏 「お客さんのために」実感

2020年11月30日 05時00分 (11月30日 14時58分更新) 会員限定
ジブリメドレーなど、なじみのある曲を披露する生徒たち=東郷町春木狐塚で

ジブリメドレーなど、なじみのある曲を披露する生徒たち=東郷町春木狐塚で

  • ジブリメドレーなど、なじみのある曲を披露する生徒たち=東郷町春木狐塚で
 東郷町の東郷高校吹奏楽部の生徒たちによるステージが二十九日、同町春木狐塚の富士浅間神社で開かれた。新型コロナウイルスの影響で発表の機会を失った生徒たちに、地域のつながりを創出する同町のNPO法人「ノーマカフェ」が手を差し伸べた。
 同NPOが主催し、三密を避け、換気のいい屋外の会場として富士浅間神社が協力した。同NPOの織田英嗣理事長は「高校に話を持ち掛けた時に、生徒側から『吹奏楽で東郷町を元気にしたい』という声をもらえて、若い人はすごいなと思った」と振り返る。
 新型コロナ以後、一般の観客への初披露となった生徒たちは、...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

愛知の新着

記事一覧