本文へ移動

日本ハム、荒木2軍監督が1軍投手コーチ就任 5年ぶりリーグVへ防御率4.02の投手陣再建に期待

2020年11月30日 14時29分

このエントリーをはてなブックマークに追加
日本ハム・荒木2軍監督

日本ハム・荒木2軍監督

 日本ハムは30日、来季のコーチ陣を発表した。今オフは1、2軍の配置変更が中心で、荒木大輔2軍監督(56)が1軍投手コーチに就任。5年ぶりのリーグ優勝と日本一に向けて、リーグ4位の防御率4・02に終わった投手陣の再建に着手する。また、高橋信二2軍バッテリー兼打撃コーチ補佐(42)と、小田智之2軍打撃コーチ(41)が1軍打撃コーチに昇格する。
 一方、後任の2軍監督には原田豊2軍総合コーチ(61)が就任。東海大や社会人野球・協和発酵で活躍した原田コーチはプロでのプレーはないものの、日本ハムスカウトを経て2019年から2年間、同職を務めてきた。また、木田優夫1軍投手コーチ(52)が2軍総合兼投手コーチに配置変更。千葉・鎌ケ谷から1軍に生きのいい若手投手を送り込んでいくことになる。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ