<ロッカールーム> 相撲・藤谷奏斗君=木曽町福島小6年

2020年11月30日 05時00分 (11月30日 12時52分更新) 会員限定
「努力し、勝てなかった相手にも勝てる相撲を」と話す藤谷君=木曽町で

「努力し、勝てなかった相手にも勝てる相撲を」と話す藤谷君=木曽町で

  • 「努力し、勝てなかった相手にも勝てる相撲を」と話す藤谷君=木曽町で
 「わんぱく相撲全国大会」に小学4、5年で連続出場。今年は集大成の大会と位置付けたが、新型コロナウイルスの影響で中止になった。それでも先を見据えて厳しい稽古に取り組んでいる。
 小学1年の時に地元木曽町の相撲大会に出場。決勝で負けたことが悔しく、木曽少年相撲クラブに入った。試合で勝つことが楽しくてのめり込んだ。
 4年で初めて臨んだわんぱく相撲の全国大会では2回戦で敗退。ビデオで弱点を研究し、引かれても簡単に落ちないよう稽古を繰り返した。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

長野の新着

記事一覧