本丸跡から小矢部一望 今石動城跡整備で樹木伐採

2020年11月30日 05時00分 (11月30日 10時52分更新)
眺望が良くなった本丸跡。手前が杉を伐採した二ノ丸跡と伝わる部分=小矢部市で

眺望が良くなった本丸跡。手前が杉を伐採した二ノ丸跡と伝わる部分=小矢部市で

  • 眺望が良くなった本丸跡。手前が杉を伐採した二ノ丸跡と伝わる部分=小矢部市で
 小矢部市は、市史跡「今石動城跡」の整備の一環で、本丸跡からの眺望を妨げていた樹木を伐採し、城山頂上(一八六メートル)の本丸跡から市街地が見渡せるようにした。
 二〇一九、二〇年度の二年がかりで約二百万円をかけ、本丸下の二ノ丸跡と伝わる民有地千八百八十平方メートルで杉の高木五十八本など計百七十八本を伐採した。
 本丸跡へは林道から階段を上って行く。本丸跡に解説看板があり、東側に砺波平野を一望できる。
 今石動城は前田利家のおい、利秀が城主となって城下町の建設に当たり、石動発展の基礎を築いた。(松村裕子)

関連キーワード

PR情報

富山の新着

記事一覧