11月29日は「飯田焼肉の日」 飯田・食肉組合などに「記念日」登録証

2020年11月30日 05時00分 (11月30日 12時48分更新) 会員限定
飯田焼肉の日をアピールするニッチロー’さん(左)ら=飯田市の天竜峡駅前で

飯田焼肉の日をアピールするニッチロー’さん(左)ら=飯田市の天竜峡駅前で

  • 飯田焼肉の日をアピールするニッチロー’さん(左)ら=飯田市の天竜峡駅前で
 人口1万人当たりの焼き肉店舗数が全国の市で最も多いことで知られる「焼き肉の街」飯田市。そんな地元の焼き肉文化を盛り上げようと、飯田下伊那食肉組合などが11月29日を「飯田焼肉の日」として一般社団法人「日本記念日協会」に申請し、同日、協会から記念日登録証が授与された。
 同組合と、連携して食品開発をしてきたみそ・発酵食品製造の「マルマン」(飯田市)が10月に、飯田の「飯」と「肉」の語呂合わせで11月29日を飯田焼肉の日にしようと、連名で協会に申請、許可を受けていた。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報