氷見市観光大使 山口さんに委嘱 ミス・ワールド代表

2020年11月30日 05時00分 (11月30日 10時51分更新)
きときと魚大使になった山口佳南さん=氷見市北大町で

きときと魚大使になった山口佳南さん=氷見市北大町で

  • きときと魚大使になった山口佳南さん=氷見市北大町で
 氷見市は、同市出身でミス・ワールド日本代表の金沢星稜大四年山口佳南(かな)さん(22)に観光親善大使「きときと魚大使」を委嘱した。十六人目。
 道の駅「ひみ番屋街」で授与式があり、林正之市長が委嘱状を手渡した。山口さんは「氷見のイメージアップや活性化につながるように活動します」と応えた。大使は市の魚、観光やイベントのPR、観光客誘致に協力する。
 山口さんは同市比美乃江小学校、北部中学校、福岡高校を経て、金沢星稜大に進み、ハンドボール部主将。ミス・ワールド石川大会でグランプリを獲得し、九月の日本大会で準グランプリに選ばれた。(小畑一成)

関連キーワード

PR情報

富山の新着

記事一覧