育て! 未来の選手たち サンダーバーズが野球のコツ

2020年11月30日 05時00分 (11月30日 10時50分更新)
富山GRNサンダーバーズの選手から指導を受ける児童たち=高岡市横田小で

富山GRNサンダーバーズの選手から指導を受ける児童たち=高岡市横田小で

  • 富山GRNサンダーバーズの選手から指導を受ける児童たち=高岡市横田小で
 プロ野球独立リーグ・ルートインBCリーグの富山GRNサンダーバーズの選手らによる野球教室が二十九日、高岡市横田小学校であり、地元の学童野球チーム「高岡西部球団」の児童二十二人が野球上達のこつを教わった。
 山本雅士投手と多賀亘(わたる)内野手、元投手で球団マネジャー兼広報の吉田凌太さんが指導した。
 二人一組になってのキャッチボールでは、山本投手が「相手の正面に真っすぐに投げてください」と助言してスタート。受けたボールを相手に早く投げ返そうとするあまり、暴投してしまう子がいるのを見つけると、「早さよりも、相手の胸にしっかり投げるように」と丁寧な投球を心掛けるよう呼び掛けた。ウオーミングアップではダッシュやスキップ、足腰の曲げ伸ばしなどを時間をかけて行い、けが防止の重要性も伝えた。(網信明)
  

関連キーワード

PR情報