本文へ移動

仲間と協力して避難所体験 高森・高森南小児童、教室で一夜過ごす

2020年11月30日 05時00分 (11月30日 12時46分更新)
仕切りを立てた寝床に入る児童ら=高森町の高森南小で

仕切りを立てた寝床に入る児童ら=高森町の高森南小で

 高森町の高森南小学校で二十七日から二十八日にかけ、新型コロナウイルス感染拡大で中止となった社会科見学の代わりに、五年生九十五人が、災害時の避難所を想定して教室で一夜を過ごす体験をした。
 五年生は総合的学習の時間に防災マニュアルの作成に取り組んでいる。授業で製作した段ボールの仕切りで教室を区切り、持ち寄った寝袋や布団などで寝床をつくった。食事は...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報