本文へ移動

<MIKAWAサーチ> (8)西尾の「おじさん像」は何

2020年11月30日 05時00分 (11月30日 11時39分更新)
「そばを通るのが少し恥ずかしかった」と振り返った杉浦さん=西尾市永楽町で

「そばを通るのが少し恥ずかしかった」と振り返った杉浦さん=西尾市永楽町で

  • 「そばを通るのが少し恥ずかしかった」と振り返った杉浦さん=西尾市永楽町で
  • 自身をモデルにしたモニュメントの前に立つ鳥山さん=西尾市幸町で
  • 通りに立つ6体のおじさん像のイラスト
 目がキラキラで二頭身、おまけに遠くを指さして、少し笑っている−。名鉄西尾駅(西尾市)近くの「中央通り」沿いには、おじさんのモニュメントが六体ある。近くの商店街を紹介しているようだが、そばには紹介看板もなく、詳細は分からない。なんでおじさん? そもそも誰なの? 疑問を解き明かすべく、街を歩いた。 (角野峻也)
 駅近くの西尾信用金庫中央支店前にあるおでこの広いおじさん像の前に立ってみた。「あなたは誰ですか?」。問い掛けてみたものの、おじさんは目を輝かせたまま、うすら笑いを浮かべている。左手に持った「六体のおじさん」の設置場所が記された地図には「西尾市観光協会」と書かれていた。
 市観光協会へ駆け込んだ。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

愛知の新着

記事一覧