熊本豪雨で水没の写真、心込めきれいに 津で市民が修復ボランティア

2020年11月30日 05時00分 (11月30日 12時09分更新) 会員限定
写真のにじんだ部分をこすり取る参加者たち=津市久居元町の久居公民館で

写真のにじんだ部分をこすり取る参加者たち=津市久居元町の久居公民館で

  • 写真のにじんだ部分をこすり取る参加者たち=津市久居元町の久居公民館で
 七月の熊本豪雨で水没しダメージを受けた写真をきれいにするボランティア活動が二十九日、津市久居元町の久居公民館であった。
 津市ボランティア協議会の主催。長年被災地でのボランティア活動を続け、近年は写真修復に力を入れている副会長の萩野茂樹さん(66)が指導し、市民十四人が作業に取り組んだ。
 今回修復対象としたのは熊本県球磨村の納屋に保管されていた写真。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報