ALSの女性と小中学生の交流描く 県内の元教諭2人が児童書出版

2020年11月30日 05時00分 (11月30日 13時01分更新) 会員限定
本を手にする鷲見さん(左)と出雲さん=長浜市役所で

本を手にする鷲見さん(左)と出雲さん=長浜市役所で

  • 本を手にする鷲見さん(左)と出雲さん=長浜市役所で
  • モデルになった舘さん(左)
 全身の筋力が徐々に弱くなる難病「筋萎縮性側索硬化症(ALS)」を患う女性と小中学生の交流を描いた児童書「えつこさんとムラサキ公園」が出版された。県内の病院に入院している元小学校教諭をモデルに、高校大学の同級生二人が文と挿絵を手掛けた。闘病生活の中にも楽しみを見出し、前向きに生きる姿を描いている。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

滋賀の新着

記事一覧