思いやりは大切、児童に呼び掛け 大津・上田上小で人権教室

2020年11月30日 05時00分 (11月30日 12時56分更新) 会員限定
一日人権擁護委員として、相手を思いやる大切さを児童たちに伝える佐藤市長=大津市平野の上田上小で

一日人権擁護委員として、相手を思いやる大切さを児童たちに伝える佐藤市長=大津市平野の上田上小で

  • 一日人権擁護委員として、相手を思いやる大切さを児童たちに伝える佐藤市長=大津市平野の上田上小で
 十二月四日からの人権週間を前に、大津市平野の上田上小学校で二十七日、人権教室があった。大津地方法務局と大津人権擁護委員協議会が主催し、低学年の児童三十七人が参加した。
 教室では、人権擁護委員らが紙芝居やマスコットキャラクターの紹介を通して、自分らしくいることや思いやりを持つこと、困ったときには誰かに相談することの大切さを、子どもたちに訴えた。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

滋賀の新着

記事一覧