本文へ移動

毒島 SG7度目V 蒲郡SG「チャレンジカップ」優勝戦

2020年11月30日 05時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
SG通算7冠を達成して両手でガッツポーズを決める毒島誠=蒲郡で(吉岡広喜撮影)

SG通算7冠を達成して両手でガッツポーズを決める毒島誠=蒲郡で(吉岡広喜撮影)

 愛知県・蒲郡ボートのナイターSG「第23回チャレンジカップ」は29日、最終日の12Rで優勝戦が行われ、1号艇の毒島誠(36)=群馬=がインからコンマ11のSで逃げを決め、SG通算7回目の優勝。賞金3300万円を獲得して同ランクは2位に浮上し、グランプリTR2nd1回戦の1枠も手にした。GII「第7回レディースチャレンジカップ」は11Rで優勝戦が争われ、3号艇の寺田千恵(51)=岡山=が3コースから差し切り、賞金450万円を加算して女子同ランクは6位に躍り出た。この結果、SG「第35回グランプリ」(平和島・12月15〜20日)及び、プレミアムGI「第9回クイーンズクライマックス」(浜名湖・12月28〜31日)の出場選手が出そろった。
 夜の帝王・毒島が仁王立ちした。今シリーズ課題だったSを修正したことで、スリットは6艇が横一線となったファイナル。ならば、インの強みを見せての先制。節イチ級の足を持つ岡崎の差しを封じると、後続を突き放し決着。限られたファンが待つスタンドに向けてガッツポーズした。
 これでSG7勝のうち、6度がナイター戦。「地元の桐生がナイターなので、いっぱい練習させてもらっているからかな」と言うが、驚異的なナイター相性の良さで“夜王”の名を欲しいままにする。
 とはいえ1M、多少流れたこともあり「ギリギリでしたが、良かったです」と頭をかき、「出足がえぐかったので良かったけど、エンジンを考えるともう少し出せたかな」と、優勝したにもかかわらず勝負師らしくどん欲さも見せた。
 予選2位通過もシリーズリーダーの稲田が準優で2着になり、巡ってきたポールポジション。ツキも実力のうち。そのツキを生かすのだから、大したものだ。「展示で(岡崎に)かなり伸びられていたのでプレッシャーを感じてはいたんですが、2マークでは、後ろを離していたので勝利を確信しました」と振り返る。
 これで賞金ランクは4位から2位に浮上。トライアル2nd1回戦は昨年に続き1枠をつかみ、GP初制覇に向けてアドバンテージを得た。「ことしは関東で開催されるので、より頑張りたい」。毒島が1カ月先、おぼろげながら見えてきた黄金のヘルメット戴冠へ意気込んだ。 (武田和則)

◆「グランプリ」出場18人出そろう

 グランプリ切符を懸けた最終決戦「第23回チャレンジカップ」が29日に終了。「第35回グランプリ」に出場する18人が出そろった。
 最終日を前に15位の井口までが当確。残り3枠を巡る争いだったが、10R選抜A戦で17位の西山が前本を約44万円で抜き16位に浮上し、初のグランプリ出場を決めた。残り2枠は12R優勝戦で2着以上が条件の岡崎が2着に入り、前日までの28位から16位へジャンプアップ。優勝条件だった久田、稲田はそれぞれ3、6着に終わったことで前本が18位に残った。この大会で優勝した毒島は賞金ランク4位から2位に浮上。1位の峰とともにグランプリ2nd1回戦1号艇が確定。他、吉川、篠崎仁、深谷、寺田祥が2ndステージから出場する。
 「第7回レディースチャレンジカップ」は9R特別選抜戦で遠藤が無事故完走(4着)した時点で10人が決定。残り2枠で11R優勝戦を迎えたが、14位の寺田千が優勝し6位まで順位を上げ、9年連続の年末決戦出場を決めた。2着惜敗した長嶋、3着に終わった深川も優勝条件だったため出場はかなわず。最後12番目は前日11位だった田口が踏みとどまった。優勝戦は6着に敗れた守屋だが賞金85万円を加算して平山を抜き、賞金ランク1位に浮上した。
 グランプリ、クイーンズクライマックスの出場選出順位発表はきょう30日。異議申請期間を経て、後日決定される。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ