本文へ移動

大クラッシュ相次ぐ!! グロジャンの炎上事故の後にはストロールが横転【F1第15戦バーレーンGP決勝】

2020年11月30日 02時32分

このエントリーをはてなブックマークに追加
コントロールを失って裏返しになるストロールのマシン(AP)

コントロールを失って裏返しになるストロールのマシン(AP)

◇29日 F1第15戦バーレーンGP決勝(バーレーンインターナショナルサーキット)

 F1第15戦バーレーンGPは29日、バーレーンインターナショナルサーキットで決勝が行われ、ハースのロマン・グロジャン(フランス)の炎上事故に続いて、再レースがスタートした直後にはレーシングポイントのランス・ストロール(カナダ)のマシンが他車と絡んで横転する大クラッシュが発生した。
 アルファタウリのダニール・クビアト(ロシア)と接触してストロールのマシンは亀の子状態で横転。すぐにセーフティーカーが出された。ストロールは無事に脱出して命に別条はなかった。
 
 一方のグロジャンは1周目の3コーナー過ぎで他車と接触して路肩のガードレールに激突。衝撃でマシンから火柱が上がり、そのまま赤旗中断となった。その時に接触したのもクビアトだった。
 グロジャンは炎の中から自力で脱出。救急車でサーキット医務室に運ばれた。チーム広報は「手や足首に軽いやけどを負ったが、それ以外は問題ない」との声明を発表したが、肋骨(ろっこつ)を骨折しており、ドクターヘリでバーレーン国防軍病院に搬送された。マシンはガードレールに突っ込んだ衝撃でコックピット後方が真っ二つに破損。現地報道では53Gの衝撃があったという。
 レースは既に今季のチャンピオンが確定しているメルセデスのルイス・ハミルトン(英国)がポールポジションから5連勝を挙げ、今季11勝目。2位にはマックス・フェルスタッペン(オランダ)が2位に入った。3位にチームメートのアレクサンダー・アルボン(タイ)が食い込み、レッドブル・ホンダは今季初のアベック表彰台となった。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ