本文へ移動

氷川きよし 涙でセリフつまらせる…全59公演完走の千秋楽「本当に奇跡です」と感無量

2020年11月30日 04時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
第1部のお芝居のラストで感極まる氷川きよし

第1部のお芝居のラストで感極まる氷川きよし

 歌手の氷川きよし(43)が座長を務めた大阪の新歌舞伎座開場10周年「氷川きよし特別公演」が29日、千秋楽を迎えた。東京・明治座の31日間41公演と合わせて全59公演を完走した。
 一部の芝居「限界突破の七変化 恋之介旅日記」の中の口上では感極まったのか、涙でセリフをつまらせる場面も。
 二部では「箱根八里の半次郎」など股旅演歌を披露。12月30日に放送される「輝く!日本レコード大賞」(TBS系)に「母」がノミネートされたことや大みそかのNHK「紅白歌合戦」に21回連続出場が決まったことを報告すると、盛大な拍手がわいた。
 氷川は「コロナ禍の中でお客さまが来てくださるか不安もありました。無事千秋楽を迎えられて本当に奇跡です」と感無量の面持ちだった。
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ