本文へ移動

平祐奈、司会者に「私が発表すればいいんですよね?」 "ド天然"のボケっぷりに会場大爆笑

2020年11月29日 19時08分

このエントリーをはてなブックマークに追加
(左から)新川優愛、グランプリの鈴木爽さん、平祐奈、トラウデン直美

(左から)新川優愛、グランプリの鈴木爽さん、平祐奈、トラウデン直美

 10代のミスコンテスト「2021 ミス・ティーン・ジャパン」の決勝大会が29日、東京都内で開かれ、大会アンバサダーの平祐奈(22)が、“ド天然”の言動で会場を爆笑に包んだ。
 平は準グランプリを発表し、花束などを渡す役が与えられていたのだが、ステージに登場すると「私が発表すればいいんですよね?」となぜか司会者に質問。「2021ミス・ティーン・ジャパン、準グランプリは…」と読み上げ、ドラムロールが鳴った後まさかの「15番!」と発表したのだが、最終審査に臨んだのは13人。取材陣から「いない、いない!!」とツッコミが入った。
 今年でアンバサダーは4年目だが「まだ全然慣れないポンコツです」と苦笑した。
 グランプリは各地方大会を勝ち抜いた13人のファイナリストの中から愛知県出身の13歳、鈴木爽(すずき・あきら)さんが獲得した。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ