本文へ移動

【新馬戦】10番人気アビッグチアが逃げ切った 鞍上・嶋田「他馬が外から来ていたらまた伸びたと思う」

2020年11月29日 12時56分

このエントリーをはてなブックマークに追加
新馬戦を勝利したアビッグチア

新馬戦を勝利したアビッグチア

◇29日 新馬戦(東京・芝1800メートル)
 10番人気のアビッグチア(牝2歳、父リオンディーズ、母シベリアンクラシカ、美浦・堀井)がマイペースに持ち込み最後までしっかり脚を伸ばして逃げ切った。
 嶋田は「ポンとスタートを出て、二の脚も良く持ったままでハナに行けました。調教から追うごとに良くなっていて、きょうも直線はしっかり反応してくれました。他馬が外から来ていたらまた伸びたと思います」と調教通りの走りに笑顔。次走は未定。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ