手筒花火、和太鼓と競演 豊橋で「炎の祭典」

2020年11月29日 05時00分 (11月29日 10時38分更新) 会員限定
手筒花火を揚げる出演者たち=豊橋市の豊橋公園で

手筒花火を揚げる出演者たち=豊橋市の豊橋公園で

  • 手筒花火を揚げる出演者たち=豊橋市の豊橋公園で
 東三河伝統の手筒花火が夜空を焦がす「炎の祭典〜霜月炎の舞〜」が二十八日、豊橋市今橋町の豊橋公園内の吉田城鉄櫓(くろがねやぐら)前広場であった。旅行客ら約百六十人が楽しんだ。
 豊橋商工会議所などでつくる実行委が主催。当初は九月に開催する予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で延期になっていた。今回は旅行会社を通じてツアー客などにチケットを販売した。
 この日は東栄町に拠点を置くプロ和太鼓集団「志多ら」の演奏に合わせ、三河伝統手筒花火連合会に所属する中郷神社連合会のメンバーが手筒花火九本を放揚。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報