本文へ移動

岡田結実は“ルー語”の使い手?ベストドレッサー賞受賞「ステキな賞!まだドリームの中にいるみたい!」

2020年11月28日 14時41分

このエントリーをはてなブックマークに追加
岡田結実

岡田結実

 革靴が似合う著名人に贈られる「第13回 日本シューズベストドレッサー賞」の授賞式が28日、東京都台東区の玉姫稲荷神社で行われ、タレントのルー大柴(66)ら受賞者が出席した。
 同賞は、靴のフェア「靴のめぐみ祭り市」の一環として、靴のめぐみ祭り市加盟社や一般から推薦があった候補者から選考委員会が選出している。今年は「男性部門賞」に現役東大生でタレントの松丸亮吾(24)、「女性部門賞」に女優の岡田結実(20)、「シニア部門賞」にタレントのルーがそれぞれ選ばれた。
 シューズマニアとしても知られるルーは「サプライズな賞に驚いてます。サンクス! 感謝してます。来年もここに参りたいです!」とおなじみの“ルー語”も交えて喜びを語った。
 受賞者の3人はそれぞれ、副賞として製作されたオリジナルシューズをはいて授賞式に出席。自らデザインしたハーフブーツでランウェイも披露した岡田は「ステキな賞と世界にたったひとつの靴をいただけてうれしいです! まだドリームの中にいるみたい!」と、こちらもルー語を交えて大感激だった。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ