本文へ移動

ギャグを無断でパクられた狩野英孝に残念な過去「『ありがとうございます』か『すみません』か言われるのかと思ったら」

2020年11月28日 13時21分

このエントリーをはてなブックマークに追加
狩野英孝

狩野英孝

 お笑いタレントの狩野英孝(38)が28日放送の関西テレビ「胸いっぱいサミット!」にパネラーとして出演。過去に自らのギャグを無断使用された店側から文句を言われるという悲しい過去を明かした。
 番組では「怒りのクレームサミット!」と題してキャラクターなど無断使用されている事実などを特集。その中で狩野は自らのギャグ「らーめん つけ麺 僕イケメン」がかつて渋谷のラーメン店で無断使用された事実を明かした。
 狩野は「周りから店を出したんですかと言われて、いや全然知らないです」と説明すると、「ロケでそこに行ってみようと行ってみたんです。『ありがとうございます』か『すみません』か言われるのかと思ったら、このギャグを看板に書いたせいで客が少なくなったと言われ、謝らさせられた。現にもうその店はつぶれちゃった」と話した。同店は別の店名で2007年に開店し、狩野のギャグを看板で掲出していたが、すでに閉店している。
 本来なら文句を言える立場の狩野の悲しい話に、パネラーとして出演した千原せいじが「そんな失礼な話はない」と激怒していた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ