豊橋市2370万円賠償、全15人と和解成立 18年の浸水被害

2020年11月28日 05時00分 (11月28日 12時29分更新) 会員限定
 二〇一八年九月末の台風24号で豊川が増水した際に豊橋市大村町にある水門「小見堂樋管(こみどうひかん)」が開いたままになっていたことから浸水被害が出た問題で、市は二十七日、被害にあった民家の所有者と事業者ら十五人全員と和解が成立したと発表した。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

愛知の新着

記事一覧