豊橋市民病院が医療ミスで賠償 患者一時人工肛門に

2020年11月28日 05時00分 (11月28日 12時29分更新) 会員限定
会見で説明する河井副院長(左)=豊橋市民病院で

会見で説明する河井副院長(左)=豊橋市民病院で

  • 会見で説明する河井副院長(左)=豊橋市民病院で
 豊橋市は二十七日、市民病院で医療ミスがあり、九カ月間人工肛門が必要になったとして、四十代の女性に損害賠償金約百五十四万円を支払うと発表した。関連議案を市議会十二月定例会に提出する。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報