本文へ移動

自治体補助で分かれる対応 安曇野市審議、子どものインフル予防接種 

2020年11月28日 05時00分 (11月28日 11時51分更新)
 インフルエンザと新型コロナウイルスの同時流行が懸念されるとして、安曇野市医師会は、市内の十三歳未満へのインフルエンザワクチン接種の補助を求める陳情書を市に提出し、開会中の市議会定例会で審議される。子どもに対するインフルエンザ予防接種の補助は中信地域十九市町村のうち、十五市町村で制度化し、自治体ごとに対象年齢や助成額などは分かれている。 (大塚涼矢、竹内なぎ)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報