アンダースロー転向後最速の146キロ!中日育成・丸山 2018年にトミー・ジョン手術…再起に向け一歩ずつ

2020年11月28日 10時43分

このエントリーをはてなブックマークに追加
7回に2番手で登板した丸山

7回に2番手で登板した丸山

  • 7回に2番手で登板した丸山
 サイドスロー気味のアンダースローに転向した中日育成の丸山泰資(25)が7回から2番手で登板。下手投げ転向後の最速となる146キロを計測し、1イニングで2三振を奪うなど無安打無失点と好投した。2018年に手術を受けた右肘の状態が悪く、投げ方を変えた。現在は「不安なく投げられている」と状態は良好。支配下登録復帰に向け「1年を通して野球ができるようにしたい」と意気込んだ。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ