高校生よ 良い劇見て 21美、バスツアー参加者募集

2020年11月28日 05時00分 (11月28日 05時03分更新)
高校生年代限定で無料観劇できる庭劇団ペニノの舞台=「笑顔の砦」2018から、Photo:堀川高志

高校生年代限定で無料観劇できる庭劇団ペニノの舞台=「笑顔の砦」2018から、Photo:堀川高志

  • 高校生年代限定で無料観劇できる庭劇団ペニノの舞台=「笑顔の砦」2018から、Photo:堀川高志

 高校生たちに質の高い舞台芸術を体験してもらおうと、金沢21世紀美術館は、昨年度から始めた無料の「劇的!高校生限定バスツアー」の本年度の参加者を募集している。新型コロナウイルス感染拡大の影響で今回は近隣と県内になるが「レベルの高い舞台を無料で鑑賞できる貴重な機会」と、参加を呼び掛けている。 (松岡等)
 本年度の最初の舞台は、十二月六日、富山市のオーバード・ホールである演劇「笑顔の砦(とりで)’20帰郷」。同市出身で岸田国士戯曲賞受賞の劇作家・演出家のタニノクロウさんの出世作「笑顔の砦」を、地元で集めた「オール富山」のキャスト、スタッフで上演する。
 徹底的に舞台セットを作り込むのがタニノさん主宰の庭劇団ペニノの舞台の特徴で、今回もセット作りに四カ月をかけて作り込んでいる。ランチ代千円を除き、JR金沢駅発着の高速バス代と観劇料は無料で観劇できる。
 このほか、ロンドンのナショナル・シアターの臨場感あふれる舞台をライブ収録した映像作品「リーマン・トリロジー」(十二月十九、二十の両日、金沢21世紀美術館シアター21)、オーケストラ・アンサンブル金沢のニューイヤー・コンサート(来年一月九日、県立音楽堂)も予定している。
 いずれも対象は高校生年代の人。各回とも解説のナビゲーターが付く。申し込み方法や内容の詳細は、金沢21世紀美術館のホームページで。(問)美術館交流課076(220)2811

関連キーワード

PR情報