本文へ移動

DeNA梶谷&井納が国内FA申請書を提出 宣言残留も「他球団の評価も聞きたい」「しっかり話し合いたい」

2020年11月27日 15時10分

このエントリーをはてなブックマークに追加
梶谷(左)と井納

梶谷(左)と井納

 DeNAの井納翔一投手(34)と梶谷隆幸外野手(32)が27日、今季取得した国内フリーエージェント(FA)権をの使を表明し、申請書を提出した。
 オンラインで取材に応じた井納は「来年35歳ということで、(権利を)持っていてもしょうがないということで、球団に宣言残留を許可して頂いたので球団を出るという決断とは関係なく使わせて頂いた。金額で球団を決めようという気持ちは一切ない。しっかり話し合いをしながら考えたい」と権利行使に至った理由を説明した。
 同じくオンラインで取材に応じた梶谷も「宣言残留を認めて下さったので、他球団の評価を聞きたいということで宣言した。14年間育ててもらってお世話になった温情もあって悩んだが、自分が悔いなくしたい」と心境を明かし、今後については「自分の中でより成長できる、あとは悔いない決断という部分のみかなと思う」と重視する点を挙げた。
 三原一晃球団代表は両選手ともに「必要な選手」と評価し「ぜひとも残ってもらいたいという思いは伝えている。よい知らせを心から待ちたい」と希望を口にした。一方で「高田GMのころからマネーゲームはしない原則なので、金額を上げるということは考えていない」と球団としての方針を明かした。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ