華麗なアレンジ 船山作品をCDに

2020年11月27日 16時00分 (11月27日 16時00分更新) 会員限定
 ヒット曲の陰には優れたアレンジがある。沢田研二の「勝手にしやがれ」、中島みゆきの「悪女」など数々の名曲の仕上げを担ってきた編曲家の軌跡をたどるCD4枚組みのボックス「船山基紀 サウンド・ストーリー 時代のイントロダクション」が12月16日にソニー・ミュージックダイレクトから発売される。
 船山は1974年からフリーの作編曲家として本格的に活動を始め、クリスタルキング「大都会」、五輪真弓「恋人よ」など数多くのヒット曲を手掛ける。80年代初頭、拠点を置いた米国で出合ったシンセサイザーを日本に導入。ポップなサウンドでアイドル全盛期を支えた。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報

エンタメの新着

記事一覧