2019年の高松宮記念を制したミスターメロディ引退 サトノワルキューレも競走馬登録を抹消

2020年11月26日 18時09分

このエントリーをはてなブックマークに追加
引退するミスターメロディ

引退するミスターメロディ

  • 引退するミスターメロディ
 2019年の高松宮記念(G1)などに優勝したミスターメロディ(牡5歳、栗東・藤原英)は26日付で競走馬登録を抹消した。今後、同馬は北海道新冠町の優駿スタリオンステーションで種牡馬となる予定。通算成績は17戦4勝(地方2戦を含む)、獲得賞金は2億7251万7000円(付加賞を含む)。
 また2018年のフローラSを勝ったサトノワルキューレ(牝5歳、栗東・角居)は26日付で競走馬登録を抹消された。通算成績は17戦3勝。今後は北海道日高町の下河辺牧場で繁殖馬となる予定。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ