愛知も時短要請へ 名古屋の錦三・栄、営業午後9時まで 29日から20日間

2020年11月26日 14時00分 (11月26日 14時03分更新) 会員限定
 新型コロナウイルスの感染拡大が深刻化する中、愛知県は、名古屋市中区の繁華街である錦三、栄地区の酒類を提供する飲食店やカラオケ店に対し、営業時間を午後9時までに短縮するよう要請する方針を固めた。期間は29日~12月18日の20日間を想定し、要請に応じた店には1日2万円、最大40万円の協力金を支払う見通し。26日午後にも発表する。
 県内の1日の新規感染者は今月19日に過去最多の219人となり、その後も高水準で推移。入院患者は400人に迫り、医療体制の逼迫も予想されるため、県は感染拡大を抑えることが急務として時短営業の要請に踏み切る。
 県が時短営業などを求めるのは、...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから
PR情報

愛知の新着

記事一覧