ALSに負けず、創作に専念 鈴鹿の岩田さん、初の個展

2020年11月26日 05時00分 (11月26日 11時22分更新) 会員限定
初個展を開いた岩田さん。ALSと診断された後に描いた日本画も並べた=鈴鹿市阿古曽町の鈴鹿カルチャーステーションで

初個展を開いた岩田さん。ALSと診断された後に描いた日本画も並べた=鈴鹿市阿古曽町の鈴鹿カルチャーステーションで

  • 初個展を開いた岩田さん。ALSと診断された後に描いた日本画も並べた=鈴鹿市阿古曽町の鈴鹿カルチャーステーションで

 日本美術院展覧会(院展)の入選経験もある鈴鹿市阿古曽町の会社員岩田隆さん(57)が創作に本腰を入れている。筋萎縮性側索硬化症(ALS)と昨年末に診断されたのがきっかけ。症状は左腕全体に広がり、限られた時間を意識しながら、1枚ずつ周囲への感謝を込めて描く毎日だ。初の個展を同所の鈴鹿カルチャーステーションで開いている。 (片山健生)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報