昔ながらの麹蓋、品質高い米こうじ育てる 若狭の米農家・島光さん夫妻

2020年11月26日 05時00分 (11月26日 10時56分更新) 会員限定
米こうじ造りをする島光さん夫妻=若狭町海士坂で

米こうじ造りをする島光さん夫妻=若狭町海士坂で

  • 米こうじ造りをする島光さん夫妻=若狭町海士坂で
  • 木製の容器「麹蓋」と、完成した米こうじ=若狭町海士坂で
  • 今年6月に整備した米こうじの加工場=若狭町海士坂で
 若狭町海士坂の農家、島光毅(まこと)さん(41)、敦子(のぶこ)さん(42)夫妻が、今では珍しくなった木製の容器「麹蓋(こうじぶた)」を使った米こうじ造りに励んでいる。麹蓋により、材料の米に均等にこうじ菌が行き渡り、米こうじの発酵能力が高くなる。昔ながらの製法で「高い品質を保ち続けられるようにしたい」と意気込む。 (栗田啓右)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報