弥生時代の高森の暮らし感じて 歴史民俗資料館「時の駅」で出土品展示

2020年11月26日 05時00分 (11月26日 11時43分更新) 会員限定
北原遺跡から出土した土器を紹介する芦部館長=高森町の「時の駅」で

北原遺跡から出土した土器を紹介する芦部館長=高森町の「時の駅」で

  • 北原遺跡から出土した土器を紹介する芦部館長=高森町の「時の駅」で
 高森町の遺跡で発掘された土器や石器を通し、弥生時代の人々の暮らしを振り返る特別展「高森の弥生展〜コメ作りが始まったころの高森〜」が、同町歴史民俗資料館「時の駅」で開かれている。千曲市の県立歴史館が開いている稲作を扱う展示に合わせて企画した。十二月十三日まで。 (飯塚大輝)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

長野の新着

記事一覧