村の仕事、プロの技に驚き 下條小「ふるさと塾」で大人たちが授業

2020年11月26日 05時00分 (11月26日 11時31分更新) 会員限定
カンナで木材を削る森口さん(右)の技術に見入る児童たち=下條村の下條小で

カンナで木材を削る森口さん(右)の技術に見入る児童たち=下條村の下條小で

  • カンナで木材を削る森口さん(右)の技術に見入る児童たち=下條村の下條小で

 下條村下條小学校で二十五日、児童が地元の仕事について学ぶ「ふるさと塾」が開かれた。四〜六年生九十九人が村内で働く大人たちから講義を受け、職業への理解や村に対する誇りを深めた。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

長野の新着

記事一覧