多彩な紙質や印刷 松本の藤原印刷、県内各地で書籍など展示

2020年11月26日 05時00分 (11月26日 11時46分更新) 会員限定
展示では、6種類の紙で印刷した「吾輩は猫である」(手前)や、段ボールを表紙にした写真集(右)などを紹介する=松本市新橋の藤原印刷で

展示では、6種類の紙で印刷した「吾輩は猫である」(手前)や、段ボールを表紙にした写真集(右)などを紹介する=松本市新橋の藤原印刷で

  • 展示では、6種類の紙で印刷した「吾輩は猫である」(手前)や、段ボールを表紙にした写真集(右)などを紹介する=松本市新橋の藤原印刷で
 松本市の印刷会社「藤原印刷」は、自社で印刷・製本した書籍などを並べて紙や印刷の魅力を伝えるイベント「いんさつはたのしい」を県内各地で開く。初回は二十八日から富士見町の遠隔勤務拠点施設・富士見森のオフィスで「刷りおろしりんご展」と題して開催する。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

長野の新着

記事一覧