本文へ移動

巨人 日本一奪取へDeNAソトを獲得調査、FA戦線の梶谷にも着目…パーラ退団決定的で外野手がポイント

2020年11月26日 05時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
DeNA・ソト

DeNA・ソト

 巨人がDeNAのネフタリ・ソト内野手(31)の獲得調査をすることが25日、分かった。ソトは2018年に来日し、2年連続本塁打王を獲得。2年契約最終年の今季は114試合で打率2割5分2厘、25本塁打、78打点の成績だった。ただ3シーズンで109本塁打と安定した長打力を見せており、さらなる打線強化を目指す球団の方針に合致している。
 また、FA戦線にも着目。その筆頭候補がFA権を取得したDeNAの梶谷隆幸外野手(32)だ。巨人はドラフトで左の強打者、近大の佐藤の1位入札したが、抽選の結果、阪神にさらわれ取り逃がした経緯がある。“サメ男”ことヘラルド・パーラ外野手(33)の退団も決定的で、強打の外野手は補強ポイントでもあり、そこに合致する梶谷の動向を注視。リーグ3連覇、打倒ソフトバンクへ臨戦態勢を整えていく。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ