本文へ移動

「医療危機」伝わらず悲痛 日医会長懸念表明

2020年11月26日 05時00分 (11月26日 05時01分更新)
記者会見する日本医師会の中川俊男会長=25日、東京都内で

記者会見する日本医師会の中川俊男会長=25日、東京都内で

  • 記者会見する日本医師会の中川俊男会長=25日、東京都内で
 新型コロナウイルス感染の再拡大で、全国各地の医療提供体制が崩壊の危機に直面している−。二十五日の記者会見でそう語った日本医師会(日医)の中川俊男会長の表情は険しかった。厚生労働省に助言をする専門家組織「アドバイザリーボード」も二十四日、「このままの状況が続けば、助けられる命を助けられなくなる」と指摘した。医師らは政権幹部が「強い危機感」を共有しないことにいら立ちを見せている。(井上靖史、藤川大樹、原田遼、土屋晴康)

■使用率

 病床は埋まり始めている。重症者は二十四日現在、全国で三百七十六人で、一週間前と比べて百人増えた。
 感染ピーク時に受け入れ可能な病床数からすると余裕はあるようにみえるが、ピーク時の病床数は、都道府県が医療機関から聞き取った受け入れ可能な最大ベッド数を足したもの。いわば「目標値」だ。
 座長の脇田隆字(たかじ)・国立感染症研究所長は二十四日の記者会見で「病床が箱として準備されても、そこには医師や看護師が必要だ。そういった人たちを簡単に増やせるわけではない」と強調した。日医の釜萢(かまやち)敏常任理事も「これ以上の病床を用意するのはとても無理という感じ」と語った。

■東京

 ...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報