巨人・岡本 徹底的に抑えられ打率.077打点なし「僕がもっと打てばチームが乗ったと思う」悔しさ募らす

2020年11月25日 23時24分

このエントリーをはてなブックマークに追加
3回表2死、岡本が空振り三振に倒れる

3回表2死、岡本が空振り三振に倒れる

  • 3回表2死、岡本が空振り三振に倒れる
◇25日 SMBC日本シリーズ第4戦 ソフトバンク4ー1巨人(ペイペイドーム)
 巨人・岡本和真内野手(24)はこの日3打数無安打1四球。3点を追う9回先頭で四球を選んで出塁したが、得点には結びつかなかった。
 全試合で4番を務めながら徹底的に抑え込まれ、今シリーズの打点はなし。打率も第2戦で放った1安打のみの7分7厘(13打数1安打)だった。試合後は「まだまだいろんな意味でやらないといけないものがあると感じました。力足らずでこういう結果なのが現実。僕がもっと打てばチームが乗ったと思うし、勝てることができたと思います。この思いを絶対に忘れず、来年を迎えたい」と悔しさを募らせていた。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ