本文へ移動

パジェロ製造従業員の再就職ガイダンス始まる 坂祝

2020年11月26日 05時00分 (11月26日 05時00分更新)
従業員の再就職に向け開かれた合同企業ガイダンス=坂祝町のパジェロ製造で

従業員の再就職に向け開かれた合同企業ガイダンス=坂祝町のパジェロ製造で

 来年度中に工場が閉鎖される三菱自動車の子会社「パジェロ製造」(坂祝町酒倉)で二十五日、従業員の再就職に向けた県と同社など主催の合同企業ガイダンスが始まった。二十七日まで三日間の日程で、受け入れを希望する延べ約百九十社が参加する。
 県内や愛知県北部から、製造業を中心に小売り・サービス業、運送業など幅広い業種が参加。初日は午前と午後に分かれて延べ六十九社が出展し、従業員は希望するブースで企業担当者から説明を受けた。
 勤続二十六年で、近場での再就職を目指している岐阜市の渡辺直樹さん(45)は「人生が懸かっているので、今後どう生計を立てていくかよく考えたい。すぐに行き先が決まるとは思っていない。会社には見つかるまでサポートしてほしい」と話した。
 県によると、パジェロ製造が八月に従業員約千百人を対象に実施したアンケートでは、約41%が同社のあっせんによる近隣企業への再就職を、約12%が退職して自ら再就職先を見つける道を希望。残りは三菱自岡崎製作所(愛知県岡崎市)への移籍を望んでいる。
 パジェロ製造によると、同社にはこれまで約四百七十社から計千四百人の求人が寄せられているという。
 (渡辺大地)

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報

岐阜の新着

記事一覧