川崎宗則「ヤバい。大変なことが起こっている」…古巣ソフトバンクの強さに衝撃

2020年11月25日 20時35分

このエントリーをはてなブックマークに追加
川崎宗則(2009年WBCより)

川崎宗則(2009年WBCより)

  • 川崎宗則(2009年WBCより)
◇25日 SMBC日本シリーズ第4戦 ソフトバンク―巨人(ペイペイドーム)
 日本シリーズ第4戦のテレビ中継でリモートゲストとして出演したソフトバンクOBでルートインBCリーグ栃木の川崎宗則内野手(39)が試合中、「ヤバい。大変なことが起こっている」と古巣の強さに衝撃を受けていることを明かした。
 この日は初回に巨人がこのシリーズ初のリードを奪う先制。しかし、ソフトバンクは直後に柳田の2ランですぐに逆転し、2回にも甲斐の2ランで加点。川崎は「ちょっとビックリ」とソフトバンクの強さに目を丸くした。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ